2017年から錦織選手が使用するBURNバーン95カウンターベイルを使用した感想と評価

日本のエース、錦織選手が使用するウィルソンのテニスラケットが2017年の年明けと共に発売されます。

その名も

BURN95 COUNTERVAIL(バーン95カウンターベイル)

バーン95をベースに、さらに進化したとされるバーン95カウンターベイルは、長時間テニスをしても疲れにくく、快適にプレイができるように工夫されているようです。

カラーリングもシンプルに変更されましたね。

さっそく使ってみて感想を書きましたので、ゆっくり読んでみて下さい。

ラケットのスペック

ラケットの商品名:BURN95COUNTERVAIL(バーン95カウンターベイル)

フェイス面積:95inch

ウェイト:309gm

バランス:325mm

burn95%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%99%e3%82%a4%e3%83%ab%ef%bc%91

BURN95カウンターベイルの新機能は?

最近のウィルソンのラケットはどれも打球感が硬く、まさに最先端カーボンがビンビンという感想でした。

BURN95も錦織選手のために作ったラケットなだけに、非常にパワーがあり、よくスピンのかかるラケットでした。

ラケットをブンブン振りまわす人が使っても、そのパワーを余すことなくボールに伝えられる作りをしていましたね。

2017年に発売されるBURN95カウンターベイルはカラーリングに変更はありますが、基本スペックは前作と変わっていません。

それだけに前作との違いを明確に感じ取ることができる人は少ないのではないかと思います。

メーカーからのウリは、錦織選手の要望を全面的に取り入れて、全力でプレイしても疲れにくいラケットに仕上げた!

と謳っています。

錦織選手を世界NO1に押し上げるための最後の一押しとなるのがこのラケットになるのかもしれません。

残念ながら僕には前作BURN95との違いを感じ取ることができませんでした。

理由は、ほんの短い時間しか使わなかったからです。

一日中使って、はじめてその違いを感じることができるのでしょう。

前作を使っていた人には「疲れにくい」と言われるカウンターベイルの違いを感じることができるのではないかと思います。

BURN95カウンターベイルを使った感想

という訳で、前作との違いを語れるほど使いこんでいない僕がレビューをしても良いのかという疑問はあるのですが、率直にBURN95カウンターベイルを使った感想を書きたいと思います。

まず1つ予想できることは、BURN95カウンターベイルはラケットにスピンとパワーを求める人に好まれるラケットだろうと思います。

スピンをかけようとする人は、スウィングのスピードをボールにぶつけた時に、スピードとスピンの割合のコントロールがしやすいラケットを望みますね。

スピンがかからないのは困りますが、勝手にスピンがかかって思いのほか球足の短いボールになられても困ります。

自分の思う通りのスピン量になってくれないと困るのです。

その点、BURN95カウンターベイルはストロークでボールの回転をコントロールしたい人にとって、使用者の意図を反映してくれる、使用者に忠実なラケットです。

スピードを出したい時に出せる。

スピンをかけたいだけかけられる。

使用者の1スウィングずつの要望に応えてくれるラケットです。

また素材もそうですが、ラケットの造り自体がとてもしっかりしているという印象です。

簡単に折れそうにないというか、質実剛健なラケットという感じですね。

筋肉モリモリなマッチョな人がブンブン振り回しても耐えられそうな雰囲気はラケットを持っただけで伝わってきます。

そんな人がBURN95カウンターベイルを持って対戦相手のコートに立つことを考えただけで嫌になってきそうです・・(泣)

BURN95カウンターベイルをお勧めできない人

ラケット重量は309gmなので、めちゃくちゃ重い訳ではありませんが、やはり非力な人にはこのラケットのスペックを十分に引き出せないのではないかと思います。

BURN95カウンターベイルは疲れにくいラケットという打ち出しですが、やっぱり300gmを越える重さを一日中使うとなると、非力な人にとっては辛いですね。

そんな人にはBURN95カウンターベイルのスペック違いがあるので、無理せずにそちらを使うことをお勧めします。

またラケットワークを重視するタッチ系のプレイが好きな人には逆に使いづらいラケットになると思います。

BURN95カウンターベイルはややトップヘビーなラケットです。

ボレーをギリギリ微妙なコントロールをしたい時に、自分の思った以上にラケットヘッドが出ていったり、アングルボレーがサイドラインいっぱいに入ったはずのボールがアウトになると、自分の感覚が狂いますよね。

またフラットサーブをアドサイドのコーナーいっぱいに入ったと思ったら、ボール2~3個オーバーしてしまうということも、ラケットヘッドの重いラケットによく起こります。

まあ慣れてしまえばどうってことはないですけどね。

微妙なコントロールを求める方にはあらかじめ知っておいた方がいいかなという程度です。

BURN95カウンターベイルが向いている人

そこそこスウィングができ、かつラケットにパワーが欲しい人や、スピンをかけてストロークで押していきたい人には良いと思います。

せっかくの高スペックのラケットですから、ストロークではあるていどスピンをかけたボールを打てる人が良いと思いますが、フラット系のボールしか打てない人でもBURN95カウンターベイルは面安定性が良いので、コントロールがしやすいと思いますよ。

ベースライン深くにコントロールしたいと思う時にも、相手の強烈なボールにも、ラケット面が安定してくれるので不安を感じることなくプレイできます。

スピンをグリグリとかけてストロークをしたい人にとっては、BURN95カウンターベイルは意図した回転量を与えやすいので、高く跳ねるボールやショートクロスへのパッシングなど、自分のイメージ通りのボールが飛んでくれるでしょう。

思い通りのスピン量が実現できるため、ボールをコントロールしやすいと思います。

パワーヒッターで、自分のパワーを受け止めてくれるラケットを探している人には、あなたの想いをBURN95カウンターベイルがしっかりと受け止めてくれるはずです。

錦織選手と一緒に高みを目指すなら手にしてみてはいかがでしょうか?

※前作BURN95はしばらく品薄状態が続きました。今作も製造が間に合わない状態になるかもしれませんので、購入するもりなら早目に予約をしておくことをお勧めします。

by カエレバ