YONEX2020テニスラケットE-ZONE98・100のレビュー

テニスラケット

大坂なおみ選手が使用しているヨネックスの2020最新テニスラケットE-ZONE98.100を試し打ちする機会がありましたので感想を書いていきます。

打ってみてすぐに感じたことは前作より打球感がマイルドになって多くの人に好かれる打球感になっているのかなという感想。

カラーは大坂なおみ選手の好きなブルーが基調のスッキリとしたデザインとなっています。
僕の予感ではこのE-ZONE、かなり売れる人気ラケットになるのではないかと思っています。

ヨネックスE-ZONEイーゾーン98・100のスペック

E-ZONEシリーズは他に98L、100l、100SL、105、FEELがありますが、今回試し打ちしたE-ZONE98と100、その2つに絞ってそれぞれのスペックをご紹介します。

E-ZONE98のスペック

ラケットフェイス:98インチ
ラケット重量:305グラム
バランスポイント:315ミリ

E-ZONE100のスペック

ラケットフェイス:100インチ
ラケット重量:300グラム
バランスポイント:3204ミリ

▶▶楽天市場でYONEX2020E-ZONE98の最安値を探す

▶▶楽天市場でYONEX2020E-ZONE100の最安値を探す

E-ZONE98と100を打ってみた感想と評価

まず軽くラケットを振ってみた時に感じたのはバランスのいいラケットだということ。
ボールを打ち始めてバランスの良さは確信に変わりました。

バランスが良いということはオールラウンドに使えるということで、多くのプレーヤーに受け入れられやすくなりますが、特徴がなかったり、トッププロ選手が使用していなければ他のラケットとの差別化を計れずに埋もれてしまうことにもなります。

その点で言うと、E-ZONEは高いレベルでバランスの取れていることと、女子のトップ選手である大坂なおみ選手が使用しているということで露出も問題なし。人気ラケットになる条件は十分に満たしています。

ここからはEゾーン98と100を使って実際にボールを打ってみた感想を書いていきます。

ボールの飛びについて

質の良いカーボンを使っているからか、すごく反発の良いラケットという印象。
少なくとも力負けするようなことはありません。

フェイス面積の関係でボールの飛びに関してはE-ZONE100の方が飛びがよく、98はやや抑え目。

ただ98はラケットとしての安心感があるというか、思ってもいないところにボールが飛んでいくことはないだろうと思わせてくれますね。

では100の方は安心できないのかというとそんなことはありません。

ほんの少しではありますが、Eゾーン98の方が5グラム重い分だけラケットが安定すると感じたというだけです。

コントロールについて

僕の感じた安心感というのはオフセンターでヒットした時のラケットのブレの少なさです。

どんな上手い人でもラケットの真ん中を外すことはあります。

しかしそんな時にもラケットがグラグラせずに面をキープしてくれていれば、とんでもないところにボールが飛んでいくことはありません。

E-ZONEはそういう意味でコントロールの良いラケット。安心感のあるラケットです。

スピンについて

スロート部分はスピンのスウィングをした時に、空気抵抗が少なそうな形状をしていますが、それほどスピンに関してはそれほど大きな恩恵は感じなかったです。

特徴的な形のわりには普通かなと。

ただスピンがかからない訳ではないのでご安心を。

ボールの弾きが良いためにグリグリとしたスピンを打ちたい人には向かないかもしれませんが、スピンのスウィングをすればきちんと回転がかかるラケットです。

打球感について

よく弾くラケットにありがちな鬼のように固い打球感ではなかったのが驚きでした。
打球感が意外とソフトなんです。

今までのE-ZONEとは大きく違うマイルドな打球感。

これはいい!

肘に痛みを抱えている方にもお勧めできます。

今まで打球感の固さからE-ZONEを敬遠していた方もぜひ一度打ってみて欲しいです。

今までの印象がひっくり返るかもしれませんよ。

 

E-ZONE98.100を打ってみた感想まとめ

前作のE-ZONEのイメージは触れば切れるような鋭いナイフのようなイメージ。

高弾性カーボンを使用したE-ZONEのボールの弾きは最高レベルでしたが、打球感が固くてぶっちゃけ心地よいとは思いませんでした。

特に肘に不安のある方にとっては尻込みするほどの固さでした。

E-ZONEは打球感が固いというイメージのまま今作を使うと、

「あれ?これE-ZONE?」

思わず自分が打っているはずのE-ZONEを確認してしまうほどのマイルドな打ち心地。

ウィルソンから始まった打球感マイルドの流れがヨネックスにも波及してきたのかなと思いましたね。

打球感が柔らかくなったからと言ってボールの飛びが悪くなった訳でもなく、打球情報が手に伝わらなくなった訳でもないところはさすがヨネックスの技術力。

僕の結論としては以下のように答えが出ました。

「弾きバツグンのラケット+マイルドな打球感+人気の出そうなカラーリング人気ラケット」

大阪なおみちゃんが活躍すれば、さらに人気ラケットになるのは間違いないでしょう。

▶▶楽天市場でYONEX2020E-ZONE98の最安値を探す

▶▶楽天市場でYONEX2020E-ZONE100の最安値を探す