テニスラケット錦織圭モデル、BURN(バーン)シリーズを使った感想と評価

ウィルソンのテニスラケット、錦織選手使用モデル5兄弟の中の BURN(バーン)100S を購入し、使った感想です。

買ったのはバーン100Sですが、バーン95や100LSも使ってみて、一番自分に合っていると思った物を買ったそうです。

BURN95

メーカー:ウィルソン(WILSON)

商品名とスペック:RURN(バーン)100S  重量300gm、フェイス100inch、長さ27inch

使用者:Uコーチ

使用した感想と評価:BURN(バーン)が発売されたら買おうと持って、発売を心待ちにしていました。

ついに発売となり、錦織選手の使用モデルである「バーン95」を買うつもりでお金も用意していたのに、販売用のラケットはすぐには入荷されないとのこと。

試打用のラケットが何本か来ていたので、とりあえず打ってみました。

その時に打ったのは、バーン95と、バーン100Sでしたが、打ってみると100Sの方が自分には合っているのかな?と感じるようになりました。

適度にスピンがかかってくれて、振り抜きもしやすいので、95ではなく100Sを買いました。

バーンシリーズになって、前作(スチーム)より打球感が固くなったように思います。

その分反発性が上がったのかもしれませんが、なんだかすごく硬い感じが印象に残りますね。

バーン100Sは自分的には使いやすく、逆に言うとバーン95はそれなりにパワーのある人じゃないと使えないのかな、と思いました。

とりあえず女性には「バーン95」はお勧めできないですね。

バーン100Sの良い点:しっかりスピンがかけられるところと、ボールにパワーが乗るところですね。

バーン100Sの不満なところ:たまにスピンがかからずに、ぶっ飛んで行くところです。でもそれって自分が単にスウィートエリアを外して打っているだけなんですけど・・・苦笑

あ、それと打球感はやっぱり95の方が良いかもですね。

きちんとスウィートエリアに当たった時の感触は、95の方が良かったように思います。