HEADラジカル2021MP・PROインプレ!操作性・打球感良し

テニスラケット

2021年2月、HEADから発売されたラジカルシリーズのうち、MPとPROを試し打ちすることができました。

管理人の感想がメインの記事となりますが、検討している方の参考になると思います。

先にざっくりとした感想を書くと、HEADラジカルはややパワーを抑えたスピン性能を備えたオールラウンドなラケットという印象でした。

特にMPの操作性はバツグン!

ストローカーにもダブルスプレーヤーにも高評価なラケットです。

PROはさすがに誰でも使えるという訳にはいきませんが、尖ったスペックではないのでラケットの重さが合う方にはPROをおすすめします。

MP・PrOのどちらも打感にやや特徴はがありますので詳しくは先を読んで参考にして下さい。

ラジカルMPのスペック

・フェイス面積:100インチ
・重量:300グラム
・バランスポイント:平均320mm
・フレーム厚:20/23/21(mm)
・ストリングパターン:16✕19
・推奨テンション:48~57ポンド
・グリップサイズ:G1・G2・G3・G4・G5

ラジカルPROのスペック

・フェイス面積:98インチ
・重量:315グラム
・バランスポイント:平均320mm
・フレーム厚:20/23/21(mm)
・ストリングパターン:16✕19
・推奨テンション:48~57ポンド
・グリップサイズ:G1・G2・G3・G4・G5

ラジカルMP2021モデルを打ってみた感想・評価

今回はラジカルMP・PROの両方を打ち比べましたが、あまりにもラジカルMPが打ちやすかく気に入ったため、打ってみた感想はラジカルMPのことがメインになります。

打感や各ショットを打って感じたことを書いていきます。

ラジカルMPはこんなラケット

100インチ300グラムという標準スペックのラジカルMPは全体的にバランスの取れたラケットです。

かつてアンドレ・アガシ選手のために作られたHEADのラジカルシリーズで、最初のモデルはストローカーのために作られた印象がありましたが、2021モデルはオールラウンドに使えるラケットかなと思いました。

ざっくりと言えば操作性の良いバランスの取れたラケットです。

HEADの中でオールラウンドなラケットと言えばスピードシリーズやグラビティがありますが、ラジカルはスピードよりもややスピン性能があり、グラビティよりも操作性が良いラケットという印象を受けました。

ただし打感スピードやグラビティとは違う特徴があります。

ラジカルMPの打球感について

ボールを1球打っただけでアレ?と思いました。

なんだか金属的な打球感と打球音です。

硬いというよりも、重い振動が残らないというか、ボールを打った感触は手に残りつつ、余計な振動が空中に消えていくような不思議な感覚。

ただ打球情報が手に伝わらない訳ではなく、むしろラケット面の上でボールを転がしている感触がしっかりと手元に伝わってきます。

他にもストリングのたわみ具合、ラケットのどのあたりでボールを捉えたのか、などの打球情報が詳細に伝わってくるのが感じられました。

僕が個人的に思う良いラケットの条件の1つに、ラケットからのフィードバック(打球情報)があるラケット、というものがあるのですが、HEADラジカルはこの打球情報がしっかりと手に伝わってきます。

金属的な打球感には好き嫌いがあるような気がしますが、ボールを1球打つたびにその感触と打球情報がが蓄積されていく感じは上級者に好まれるのではないかと思います。

ストロークの感想

ボールの飛び、スピンともにバランスが取れていてコントロールしやすいラケットだなと思いました。

特にラケットの振り抜きが良いので、しっかりと最後までラケットを振り切ることができます。

そのためかスピンもかけやすく、狙ったところにボールを落とせるコントロール性の良さがあります。

面安定性も良くて速いボールにも負けることはありません。

ラケットの厚さが薄いためなのか分かりませんが、ボールの飛びはそこそこというところ。

ラケットにパワーを期待している方には物足りないと感じるかも知れません。

バックハンドスライスはとても打ちやすく感じました。

ボレーの感想

ラケットヘッドにそれほど重みを感じないのでラケットの取り回しがしやすくてボールをコントロールしやすいです。

遠いボールを打つために腕を伸ばして面を作っただけの時にも狙い通りのコースにボールが飛んでくれるのは助かります。

パンチの効いたボレーを打ちたい方よりも、壁を作るようなボレーをしたい時にはラジカルMPの面安定性の高さが安心感を与えてくれます。

ローボレーやハーフボレーといった慎重に打つようなケースにおいても優しくコントロールしやすいですね。

ダブルスをメインにプレイする方にも安心して使えそうです。

サーブの感想

スピンがよく効くのでイメージ通りの深さにコントロールしやすいかなと思いますが、反面フラット系のサーブがイメージとは違い、ボール2個分逸れるような感じがありました。

ですがふだん使っているラケットとは違うのでこれは仕方ないところ。

仮に僕がラジカルを使うことになればすぐに修正できる範囲で大きな問題にはならないでしょう。

ただスピードに関してはイマイチかなと。

フラットサーブでエースを量産したい方には不向きかなと感じました。

ラジカルMPとプロを両方打って分かったこと・違いについて

僕のスペック的な好みはラジカルMPですが、プロも打っています。

打感や操作性についての感想はMPもプロも同じようなものですが、やはりプロの方がフェイス面積がやや小さく、ラケット重量もやや重いです。

そのためある程度パワーのある方でなければプロを使いこなすのはしんどいかなと。

30分ていどの練習なら問題ありませんが、一日中テニスをするとなると僕の場合オーバースペックのラケットは疲れるしスウィングも鈍ってくるでしょう。

従ってラジカルプロは今まで300グラムオーバーのラケットを使ってきた方や、男性テニス上級者向けだと言えるでしょう。

ラケット重量は重い方が相手のボールにパワー負けしにくいので、高速サーブをリターンする時やヘビースピンのストロークを打ってくる相手には有利に働きます。

相手のレベルが高い場合やパワーテニスで押してくる相手には、ラジカルプロのような重さのあるラケットがおすすめです。

ラジカル2021MPの長所と短所

ラジカルMPの特徴を長所と短所に絞って取り上げてみました。

ラジカル2021MPの長所

長所はラケットバランスの良さと打球情報が正確に得られることです。

中でもラケットからの打球情報のフィードバックの良さは圧倒的な長所と言えるでしょうね。

打球感が硬いとか柔らかいとかそういう類のものではなく、もっと高い次元の打球感の良さがラジカルMPの長所です。

ラジカル2021の短所

ややパワー不足は否定できません。

ラジカルと言えばストローカーが使うラケットというイメージは完全に過去のもの。

今のラジカルはオールラウンドプレーヤー向けのバランス型ラケットです。

ボールが弾丸のように弾き出すピュアドライブのようなパワーラケットではありません。

ラジカル2021MPはこんな人におすすめ

先ほども述べたように、ラジカルは打球感の良さを中心にバランスの良いラケットです。

パワーでガンガンと攻めたい方よりも、1球ごとの打球感を楽しみながらテニスのプレイをトータルで楽しみたい方に向ていると思います。

ストローカーならスピン量をコントロールしながら色々なボールを打つようなプレイを好む方。

ダブルスプレーヤーならボレーはもちろん、ブロックリターンやロブリターンといったダブルス巧者のプレイが好きな方には向ていると言えます。

また単純にテニスが上手くなりたい方にもおすすめできます。

理由はピュアな打球情報が得やすいからで、ラケットからの情報を次のショットに生かすことができるからです。

良いショットが打てた時の感触が手に残るともう一度再現しようと思いますよね。

逆にミスショットの感触が分かれば次はもう少しラケットのフェイスを上向きにしよう、などの改善につながります。

ラジカルは持ち主のプレイを反映する、まるで鏡のようなラケットです。

テニスを上手くなりたい人にはぜひ使ってほしいですね。

ラジカル2021のテクノロジー

数々のグランドすらマーを生み出しているHEADの最新技術が詰め込まれたラジカルMP・PROのテクノロジーを簡潔にご紹介します。

グラフィン360+
最適化されたエネルギー伝達を実現するHEAD独自のグラフィン360テクノロジーに、フレックスを高めクリーンな打球感を実現する革新的なスパイラル・ファイバーを組み合わせた最新テクノロジーです
サウンドグロメット
より大きなグロメットの動きを可能とし、打球音(サウンド)と振動の最適化を図るグロメット構造です
コントロールパターン
密度の高い16✕19のストリングパターンがコントロールとパワーの両立をもたらします

ラジカル2021MPを試し打ちしたテニス仲間の感想

●テニス歴23年ベテランプレーヤー(男性)
ラジカルは今まで使ったことがありませんでたけど、すごくいいですね。
スピンがすごくかかる訳ではないけれど、狙った通りの弾道にボールが飛んでくれる気がします。
試合だとぶっちゃけ飛びすぎるラケットは困るんですよね。
その点ラジカルは飛びすぎることがなく、自分の打ちたいコースや高さにコントロールできるのがいいです。

22歳学生プレーヤー(男性)
HEADのラケットの中では僕の好みのラケットです。
あ、PROの方ね。
ホントはもっとスピンがかかってくれる方がいいんですけど、ラケットが扱いやすいので色んなショットが楽に打てました。
ドカンって感じの打感ではないですけど、打って感が感じられるので打球感は悪くないですね。
30代現役テニスコーチ(男性)
このラケットのカラーは遠くから見ても分かるくらい目立ちますね。
打った感じはとてもバランスの良いラケットだなと思います。
テニス歴の長い方に好まれる打球感ですね。
最近のHEADは打ち応えのあるラケットが多くていいですよね。
テニス歴10年草トー常連プレーヤー(男性)
試合に出るならラジカルPROの方が安心感がありそうですね。
ただ多くの人に人気が出そうなのはMPの方かなと思います。
理由は取り回しのしやすさです。
どちらも適度なしなり感があって個人的には好みのラケットです。
手の平でラケットを扱っている感覚があるのがいいですね。

ラジカル2021MP・PROのインプレ、評価まとめ

実は僕は前作のラジカルを打ったことがないために前作との比較ができません。

したがってラジカル2021MPとPROの評価を率直に言わせていただくと、「テニス上達最速ラケット」です。

その理由は先にも述べたようにラケットからの打球情報のフィードバックがピュアに伝わってくるからです。

上達はトライ&エラーの繰り返しですが、そのためにはラケットから伝わって来る情報は多いほど良いのは当然で、ラケットからのピュアなフィードバックが優れているのがラジカルだと思うからです。

加えてラジカルはラケットにクセがないために初心者でも使いやすいと思います。

もちろん上級者のハードヒットやヘビースピンにも耐えうる強靭さも備えているので、ラジカル2021は初心者から上級者まで、全てのプレーヤーにおすすめできるラケットに仕上がっているのではないかと感じました。

テニスが上手くなりたい方はぜひ使って下さい。