ヨネックスの2020テニスラケット「アストレル」100・105・115を試し打ちした感想

テニスラケット

2020年6月にヨネックスから発売されたテニスラケット「ASTRELアストレル」3機種を試し打ちする機会がありましたので、レビューしていきます。

アストレルは過去にも発売されているラケットで、伊達公子選手が使用していたラケットで、今作もヨネックスと伊達選手が

「テニスの楽しさを引き出す」

をコンセプトに共同開発をしました。

前作はそれほど人気が出たラケットではなかったように思いますが、前作のイメージをひと言で言うならば「初心者向けヨネックスのデカラケ」でした。

2020の最新作アストレルはどのような打ち心地なのでしょうか?

アストレル3機種それぞれのスペックと打ち心地、どんな人にお勧めのラケットなのかを書いてみました。

アストレルの特徴と3機種のスペック

YONEXテニスラケット、アストレルASTRELは100、105、115の3機種があります。

数字はそのままラケットの面積を表していて、100が100インチ、105は105インチ、115は115インチです。

それぞれのスペックの詳細は以下の通りです。

アストレル100のスペック

・ラケットのフェイス面積:100インチ
・ラケットの重さ:平均280グラム
・バランスポイント:平均325㎜
・カラー:ミント
・グリップサイズ:G1・G2
・推奨テンション:40~55ポンド
・素材:高弾性カーボン+バイブスレイヤーカーボン+リアクトレジン+VDM

【マッチするレベル】※メーカー推奨
男性→初級〇 中級◎ 上級✖
女性→初級✖ 中級◎ 上級〇

アストレル105のスペック

・ラケットのフェイス面積:105インチ
・ラケットの重さ:平均265グラム
・バランスポイント:平均330㎜
・カラー:ブルーグレー
・グリップサイズ:G1・G2
・推奨テンション:40~55ポンド
・素材:高弾性カーボン+バイブスレイヤーカーボン+リアクトレジン+VDM

【マッチするレベル】※メーカー推奨
男性→初級◎ 中級〇 上級✖
女性→初級〇 中級◎ 上級✖

アストレル115のスペック

・ラケットのフェイス面積:115インチ
・ラケットの重さ:平均260グラム
・バランスポイント:平均340㎜
・カラー:ゴールド
・グリップサイズ:G1・G2
・推奨テンション:40~55ポンド
・素材:高弾性カーボン+バイブスレイヤーカーボン+リアクトレジン+VDM

【マッチするレベル】※メーカー推奨
男性→初級◎ 中級〇 上級✖
女性→初級◎ 中級〇 上級✖

アストレル100を試し打ちした感想

3機種の中では最も振り抜きが良くて、ストローク、ボレー、サーブのどのショットを打っても気持ちよく打てるし打球感もいい。

ストロークでは多少のミスヒットでも面ブレしないし、ボールの弾きもいいです。

スピン性能については物足りないかなと。

もちろんボールに回転を掛けようと思って打てばそれなりには掛かります。

想像以上に強烈なスピンがかかるというようなことがないだけで、イメージ通りにボールはきちんと飛んでくれるレベルのかかり具合なので特に大きな不満がある訳ではありません。

ラケット自体の重さが280グラムと男性が使うにはやや軽いラケットなので、相手のボールしだいではラケットが押される感じがありますね。

そこはメーカーが推奨している通り、男性上級者には向かないラケットだと思います。

ただラケット自体の操作性は良くてクセのないラケットという印象。

ダブルスメインの中級者以上の女性には好まれるラケットなのではないでしょうか。

バランスのとれた扱いやすいラケットです。

アストレル105を試し打ちした感想

100より5インチだけ面積が大きいラケットですが、100に比べると大きく違うラケットだなと感じました。

スペックをよく見るとフェイス面積だけでなく、重さもバランスポイント違うことが分かります。

そうなると違いが出てきて当然で、僕が感じた違いはラケットの操作性とボールの飛びです。

フェイスが大きくなるとボールがよく飛ぶようになるのは当たり前で、それはまあ良し。

問題は操作性で、100に比べると各段に良くないと感じましたね。

特にボレーやタッチ系のショットでは微妙なコントロールがやりにくかったです。

女性でストロークがメインの初級者にはフェイスが広いことでスイートエリアにもボールがよく当たり、ボールもよく飛ぶのでお勧めできますが、男性にはレベルを問わず、軽すぎ&飛びすぎでコントロールのしづらいラケットのように思えます。

非力な方で、ストロークで気持ちよくボールを飛ばしたい女性にはお勧めできるラケットです。

アストレル115を試し打ちした感想

3機種の中では最もフェイスの大きな明らかなデカラケです。

YONEXに限らず、115インチのフェイス面積のラケットは操作性は2の次。

とにかく楽にボールを飛ばしたい方に向けたラケットです。

フェイスの大きさに比例してスイートエリアも大きいため、初心者でも真ん中に当たりやすい=ボールが飛びやすいく、当たれば勝手にボールが飛んでいきます。

アストレル115もまさにそう。

いいなと感じた点は、面が安定することでしょう。

デカラケは頭でっかちでヘッドが重く、初心者はラケットに振られてしまうこともありますが、アストレル115はスウィングの軌道が安定し、そのためかコントロールしやすく感じました。

軽すぎ、飛びすぎなため男性には向かないと思いますが、非力な女性や当てて返すようなテニスをする方には、当てやすく飛びやすくコントロールしやすいラケットとなり、テニスが楽になると思います。

アストレルはこんな人におすすめ

2020アストレルをプロデュースした伊達さんはアストレルをこんなラケットだと言っています。

・球持ちがいい
・柔らかい打球感
・しっかり弾く心地よさがある

気持ち良く快適にプレーして、テニスを楽しみ好きになってもらえるラケットに仕上がった!

確かに僕もそう思います。

女性にとっては、ですが。

ラケットが軽くてボールがよく飛んで、打球感も柔らかいので、女性にはすごく使いやすいラケットだなと思いますが、逆に男性には好まれないラケットというのが正直な感想です。

男性が好むラケットはガツン!とした打球感だったり、強烈なスピンがかかるラケットで、ボールを飛ばすにも自分の力で飛ばしたいと考えている方が多いです。

そう考えるとアストレルは男性に好まれる要素を持っていないですよね。

僕も正直言って男性にお勧めするなら他のラケットを推したいです。

ただ女性にとってはかなりお勧めできるラケットです。

フェイス面積の違う3機種が揃っているので、どんなレベルの女性にもマッチしそうです。

全体としてはよくできたラケットだと思うので、女性プレーヤーにはぜひ使って欲しいです。