HEADヘッドSPEEDスピードMP2020モデルレビュー!超絶信頼テニスラケットだった件

テニスラケット

発売前ですが、世界NO1プレーヤージョコビッチ選手が使用しているHEADテニスラケットSPEEDスピード2020モデルを試し打ちしました。

打ってみたのはスピードMP

ストローク、ボレー、サーブと何を打っても不満のないバランスのいいラケットです。

世界NO1のジョコビッチ選手のプレイを支えているのは驚異的な ボディバランスはもちろん、このSPEEDの安定感にも支えられているといって良いでしょう。

それほど信頼できるコントロール性バツグンのテニスラケットです。

各ショットの感想と打球感について詳しく書いていきます。

HEADスピードMP2020モデルのスペック

ラケット重量:300グラム

ラケットの大きさ:100インチ

ラケットバランス:320mm

 

HEADスピードMP2020を打ってみた感想

ヘッドのテニスラケットSPEEDスピードMPを使ってストローク・ボレー・サーブを打ってみた感想です。

ストロークの感想

軽くボールを打っただけで分かったのがラケットの扱いやすさとバランスの良さ。

素直にラケットヘッドが出てくるのでストレスを感じません。

特にストロークで感じたのはミスショットの少なさでした。

ボールをネットの少し上を通るように打とうとした時のこと。

「あ、真ん中外した!・・ネットにかかるかも?」

と思ったボールがネットのギリギリ上を通って相手コートに届いてくれたのです。

またバックハンドの遠いボールをラケット面を合わせるだけでがやっとの厳しいボールを返球しようとした時って力なくボールが浮いてしまうことが多いのですが、きれいにショートクロスにスライスのかかったボールが返ってくれました。

短時間の試し打ちの中でそうした体験が何度もあったので偶然ではないと思います。

とにかく球際に強いラケットという印象が強く残りました。

スピンやボールの飛びについては特筆すべきところは感じませんでした。

打球感はややソフトな感じがあって心地よいです。

打球感は柔らかいですが、ラケットがしなるという感じはなかったですね。

むしろ速いボールにも負けない強さのあるラケットです。

ボレーの感想

バランスの良さがボレーのしやすさにも繋がっています。

パンチ系のボレーもタッチ系のボレーもどちらも自在に行えるのでダブルス中心のプレーヤーにもお勧めしたいです。

面安定性が高いので、速いボールをブロックした時にもイメージ通りのボールが帰ってくれる安心できるラケットです。

サーブの感想

スピンがグリグリとかかるというよりも、フラット系のサーブが打ちやすいと感じました。

狙ったコースと深さにズバズバとコントロールできそうな気がします。

実際にアドサイドからコーナーへのフラットサーブが何本も決まったり、センターへの速いスライスサーブでエースを取れたりと、狙ったコースにボールをコントロールできました。

いつもと違うラケットを使うとスウィングに修正が必要なのが普通なのですが、僕の場合はサーブに関しては全く不要でした。

すぐに試合で使いたいと思えるくらい実戦向けのラケットという感想です。

HEADテニスラケットSPEEDスピードMP2020の感想まとめ

実はヘッドのスピードシリーズのラケットは今まで使ったことがありませんでしたが、これほど使いやすいとは思っていませんでした。

食わず嫌いとはこのことですね。

控えめに言ってめちゃくちゃ良かった!

バランスといい、ミスヒットの少なさといい、イメージ通りのボールの飛びといい、欠点を探すことが難しい完成度の高いラケットです。

もしラケット選びに迷われている方がいれば、強くお勧めしたいですね。

今回レビューしたのはHEADスピードMPですが、スピードSも同時に打ってみました。

スピードSはやや軽いので女性は使いやすいと思います。

またパワーのある方はスピードPROの方がいいでしょうね。

今までヘッドのラケットを敬遠していた方は、買う買わないは別にして一度試し打ちして欲しいと思います。