ヨネックステニスシューズ、パワークッションフュージョンレブ2MACを使用した感想と評価

またまたヨネックスのテニスシューズのレビューです。

これまた派手なカラーのテニスシューズですね。

見た目のインパクトは大きいですが、肝心なのは履き心地や性能面です。

僕なりの感想を書いていきます。

ふゅーじょん2-6

POWER CUSHION FUSIONREV2(パワークッションフュージョンレブ2)MACの特徴

アッパーが合皮ではなくシリコンで、デュラブルスキンと呼びます。

合皮よりも耐摩耗性が高く、つま先や足の内側がコートに擦れてしまうクセのある方にとっては穴が空きにくく重宝します。

フュージョンレブ2の最大の特徴はシューズのアッパー内側部分がそのままベロの部分になっていることです。

フュージョンレブ2構造

この構造により、パーツの重なりによる段差を無くし自然なフィット感を実現しています。

ベロがあると、どうしてもアッパーとの重なりによる段差が生まれてしまいますね。

シューズの内側に段差が無ければ足とシューズとのフィット感が高まるという訳です。

初めて見る人にとっては「なんだか変わった形だな」という印象を持ったと思いますが、変わった形にはきちんとした理由があったんですね。

フュージョン2-2

そしてヨネックスのシューズの衝撃吸収材、「パワークッション」が搭載されています。

タマゴを落としても割れないどころか、タマゴが高く跳ねあがるほどの性能を誇るパワークッションは、衝撃吸収性能と反発性能を併せ持った優れた素材で、靴底に組み込まれています。

プロ選手では日本の西岡良仁選手が使用しています。

西岡選手は前作のフュージョンレブから継続して使用していますね。

フュージョン2-5

メンズシューズのカラーは写真のフレイムレッドです。

レディースシューズは品番がLACとなり、カラーはエメラルドブルーです。

パワークッション フュージョンレブ2 LAC

※写真はパワークッション フュージョンレブ2 LAC

パワークッションフュージョンレブ2MACを履いた感想

フュージョンレブ2を履くと、8割の人が思うはずです。

「軽ッ!!」

僕もそう思いました。

もちろん今まで履いていたシューズにもよりますが、僕が今まで履いてきたシューズの中ではトップクラスに軽いです。

シューズはできるだけ軽い方が良いと考える方にとっては嬉しい軽さです。

そして次に思うのが、

「・・ピッタリ・・来る・・かも?」

なんだか丸く、ふんわり、かつピタッと足を包み込んでくれている感触です。

これがパワークッションフュージョンレブ2の持つ独特の構造によるメリットでしょうか。

ベロがあることによって足とシューズとのフィット感がUPするということを実感した瞬間でした。

フュージョン2-3

※フュージョンレブ2MACはオールコート用です。

オムニコート用は下の写真のMGC(メンズ)とLGC(レディース)

パワークッションフュージョンレブ2MACのまとめ

●アッパーの耐久性が高い

●驚きの軽さ

●ベロとアッパーの一体化によりフィット感が違う

●西岡選手も使用している信頼できるシューズ

お勧めラケットショップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする