ウィルソンラケット、WILSONプロスタッフ97S(ディミトロフ使用)のレビュー

ウィルソンから発売されたプロスタッフ97Sの試打ラケットが届きました。

話題のラケットなだけに、僕のスクールのコーチ陣も早く売ってみたくてウズウズしているようです。

なんでもディミトロフ選手がかなり気に入っているとのこと。

最近の成績はパッとしないディミトロフ選手ですが、プロスタッフ97Sを使っての活躍に期待です。

PRO STAFF 97S

ラケットのスペック

商品名:PRO STAFF 97S(プロスタッフ97S)

価格: 36,000円(税抜き)

フェイス面積: 97平方インチ

フレーム長: 27インチ

Av.ウエイト: 310g

Av.バランス: 33.5cm

厚み: 19.5mm

ストリング・パターン: 18×17

グリップサイズ: 2、3

プロスタッフ97Sの感想

試し打ちをしたのは、KコーチとK本コーチの2人です。

2人が口を揃えて言うには、

「女子供はやめときな!」

でした。

このラケットを振り回して自在に操るのは、なかなかしんどいということです。

他にはこんな感想が。

  • スウィートエリアでボールを捉えると非常に気持ち良くボールが飛んでくれるが、フェイス面積は小さ目なので、難しい
  • ただ当てるだけではこのラケットのポテンシャルは引き出せない
  • かと言って、ラケットのバランスがトップヘビーなので、ずっと振っていると疲れてくる
  • デザインはカッコ良くて好きだけど、俺にはムリかな・・・
  • ゴリマッチョが使うラケットだと思います キリッ!

と、いうふうに、結構好き勝手言っていましたが、2人の感想をまとめると、プロスタッフ97Sは使う人を選ぶラケットのようです。

このラケットで自在にスピンをかけられるようになれたらええなあ・・・(遠い目)

とKコーチとK本コーチは言っていました。