高機能サポートインナーウェアCW-X ジェネレーターモデルを使用した感想と評価

先日ついにCW-Xジェネレーターモデルを購入しました。

欲しいと思ってから購入に至るまで、ずいぶん時間がかかりましたが、やっと買うことができました。

知らない方も多いですが、CW-Xはプリンスと提携しています。

僕はプリンスのカタログを見て、スクールから注文して社割で買いました。

ひろげるとこんな感じです。

ジェネレーターモデル

Pマークがプリントされていますが、正真正銘CW-Xです。

少しはテニスっぽく見えるかな?

購入者:ジュリイ

購入した商品:CW-Xジェネレーターモデル(princeバージョン)

サイズ:unisex Sサイズ

CW-Xジェネレーターモデルを購入した理由

CW-Xにはいくつかのモデルがあり、どのモデルにするのか悩んだ末、2つに絞りました。

候補はこの2つでした。

候補①<スタビライクスモデル>

特徴:膝、腰をサポート。長時間の運動にも対応したタイプ(ランニングや一般テニスプレーヤーに)

スタビライクス切り抜き

候補②<ジェネレーターモデル>

特徴:膝、腰に加えて、止まる、ねじる動きにも対応したタイプで、しっかりとサポート(マラソン、上級テニスプレーヤーに)

ジェネレーター切り抜き

スタビライクスモデルとジェネレーターモデルの違いはサポート力と、それに伴う価格でした。

僕が選んだのはジェネレーターモデルでしたが、決め手になったのはサポート力。

ジェネレーターモデルの方が、瞬発的な動きにもしっかりサポートしてくれそうだと思ったからです。

テニスは瞬発的な動きを長時間行うスポーツです。

アラフォーの僕にとって、一番大事なことはケガをしないこと。

膝を痛めたというほとんどのケースは、予想していなかったボールに急激に反応した時です。

それを未然に防いでくれるなら、多少お高くてもそれなりの価値があるだろうと思いました。

悩んだ末にジェネレーターモデルに

悩んだ末、ジェネレーターモデルにしました。

テニスは本当にいろんな動きが必要で、ダッシュ。ジャンプ、ストップ、切り返し、じゃがむ、捻じる・・・本当にすべての動きが要求されます。

考えてみると、これほど複雑な動きは他のスポーツには無いかもしれません。

そう考えると、一番サポート力のあるタイプを買っておいた方が良いだろうと思ったのです。

それと、これは僕のクセのようなものですが、どの商品にもそれぞれラインナップがあるものです。

そうなると、少々高くても一番良いものが欲しくなるのです。

オークリーのサングラスを買ったのもそうしたクセが少なからず影響しています。

サイズ選びについて

CW-Xの公式サイトや、Amazonで購入した方の感想を見ると、どうやら普段のウェア選びのサイズより1サイズ小さいものを選んだ方が良いとのこと。

いつもウェアを買う時はMサイズを選んでいましたが、CW-Xの性能を活かすには小さいサイズが良いと思ったので、Sサイズを買うことにしました。

使用した感想と評価

袋を開けた時に思ったのが、「小っちゃ!」

と思いました。

しかし伸縮性のある生地で、履いてみると締めつけ感はあるものの、血が止まるようなことはなく、適度にフィットする感じです。

と同時に、かなり膝と腰をサポートされているのを感じます。

動きが制限されるようなことはなく、むしろサポートによる安心感を感じました。

ジェネレーター写真

特に強く感じたのは、まるで膝にバネがついたような感覚になったことです。

横に走ってボールを打ち、戻る動きの時には地面を蹴って戻りますが、CW-Xのサポートのおかげで今までより楽に戻ることができます。

「グインっ!」と膝が勝手に戻るというか、レスポンスが速くなるのです。

これには驚きでした。

また、短いボールを追いかけた時も、最後まで足がついてきてくれるのを感じました。

「しんどいから追いかけるのやめようか・・」と思っていたボールに余裕で間に合う。

「これは無理かも」と思ったボールに追いつく。

アラフォーともなると頭によぎるのが、「無理してケガするより身体のためにあきらめよう」という思いですが、

CW-Xを履いていると、そんな心配がいらなくなるのです。

ハタチの時に戻ることができる!

とは言い過ぎですが、動きが楽になることは間違いありません。

まさにアンチエイジングウェア!

あなたもCW-Xを履けば10才若返る!

かもしれませんよ。

CW-XをAmazonで見てみる

CW-X ジェネレーター

CW-X スタビライクス

CW-Xの魅力はこちら