世界シェアNO1テニスメーカーの裏事情を暴露します!

このお話は飲み会の場で聞いた話なので、全てをはっきりと覚えている訳ではありませんが、知りたい人もいるかと思い、要点だけでも書いておこうと思い記事にしてみます。

錦織選手やフェデラーが愛用しているラケットはWILSONですが、WILSONはブランド名で、社名はAMER(アメア)スポーツと言います。

このアメアスポーツジャパンの社長が最近変わったそうです。

その影響で、日本のテニス市場に向けた商品がいくつか無くなったようです。

アメアスポーツはヨーロッパの会社で、どうやら日本の市場をあまり重視していないようです。

今の日本のテニス界は、錦織選手の活躍により、盛り上がっていると僕たちは思っていますが、アメアスポーツにとっては

「テニスならフェデラーでしょ? 錦織なんて、しょせん島国の一発屋でしょ?」

くらいに思っているのではないかと思います。

今までの社長は、WILSONブランドへの思い入れの強い人だったようで、日本のテニス界をそれなりに重視していたようです。

しかし、社長交代を機にその方針が変わってしまったようですね。

その証拠に、WILSONのブレードシリーズは、発表会で小売店が発注した本数の1/10しか出荷していない、とか

テニスバッグの6本キャリーと言われるものは、今後あまり発売されない、とか

日本でしか売れないような、小さなサーモバッグなどは発売されない、とか

そんな話を聞くと、錦織選手使用モデルの「BURN」が、十分な量を日本の市場に向けて供給されるのか、心配になります。

日本でのテニス界は盛り上がっているのに、アメアスポーツはむしろ日本のテニス市場を冷ややかな目で見ている、というのを感じてしまいました。

うちのスクールでは、いつも話題のラケットが新発売される時には「先行予約」を受け付けるのですが、今回の「BURN」は、先行予約を受け付けていません。

理由は、今のアメアスポーツを信頼できないからです。

スクールで「BURN」の先行予約を受け付ければ、それなりの予約が入るはずです。

しかし、先行予約を仮に10本受け付けても、アメアスポーツから5本しか入荷されないかもしれません。

天下のWILSONがそんなことをするのか?と言われると、普通はそんなことはありえないでしょう。

しかし、今のアメアスポーツは、様子を診る必要があるということです。

錦織選手の「BURN」は2月下旬発売予定ということで、もう間もなく発売されます。

しばらくの間は店頭に並ぶことはないと思われます。

先行予約のお客さんから先に納品していくからです。

ネットでの注文も、2次、3次予約となっているお店ばかりで、今から動いてすんなりと入手できたとしたら、かなりラッキーですね。

お勧めラケットショップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする